Backlog(Web版) への要望や問題を投稿してください

同じプロジェクト内でユーザーごとに各課題の閲覧決定を設定したい

例えば、社内だけではなく、お客様もプロジェクトに参加するとします。
社内検討中のやりとりなどは、たまにお客様に見せられない、見せづらい場合もあります。

そのような場合、2つプロジェクトを立てて対応したり、別のツールを使ってしまうこともあります。なので、同じ課題に関して、行ったり来たりなければならず、タスク管理がままならず、バックログの良さを実感できなくなります。

なので、ユーザごとにカテゴリを設定し、課題ごとに閲覧権限を設定できるといいなと思いました。
同じプロジェクトないなら、たとえ課題を分けても子課題管理により関係性が明白になります。

「お客様」「社内」などのカテゴリテーブルを立てる形だと、改修も使い勝手も煩雑になるため、他の案として、メールアドレスのドメインにより自動判別するのも便利だと思います。

または、そもそもユーザを「内部ユーザ」「外部ユーザ」に分けられるようにすれば、チェックフラグ一つで、「外部ユーザに見せない」という課題を立てられるようになります。

67 投票数:
ログイン
チェック!
(考え中...)
リセット
または、これでログイン
  • facebook
  • google
でログイン (ログアウト)

アイデアが更新されると通知します

前田浩一 がこのアイデアを共有しました  ·   ·  不適切なアイデアとして報告…  ·  管理:

コメント数 1

ログイン
チェック!
(考え中...)
リセット
または、これでログイン
  • facebook
  • google
でログイン (ログアウト)
送信しています...
  • 匿名 がコメント済み  ·   ·  不適切として報告

    外部ユーザという考え方は良いと思います。
    現在、プロジェクトに入れてしまうと、課題登録時に誰がプロジェクトに参加しているか分かってしまうため、複数の外注先を同じプロジェクトに配置出来ない。そのためにプロジェクトを増やすとプロジェクトが増えて、水平展開に手間がかかってしまう。
    お互いに参照不可のユーザ権限を増やして欲しい。
    そもそもゲストユーザとはそのためにあるべきでは無いのか。

フィードバックとナレッジベース